法定調書をダウンロードしてみた

必要に迫られ、「不動産の使用料等の支払調書」の用紙を国税庁のwebサイトよりダウンロードする。
リンク先にアクセスすると「手書用」と「印字用」の二種類が用意されており、その違いが今一つわからない。
取り敢えずは両方ともダウンロードをしておいたが、この「印字用」が非常に使い勝手が良かった。
通常の場合、専用のソフトがなければPDFファイルに書き込むことは出来ない。
まして保護ファイルとなっている場合は数字一つも記入出来ない。
ところが、「印字用」のPDFは直接打ち込むことが可能で、ミミズの這ったような文字で書き込む手間を省くことが出来る。
実は私の文字はかなり大きく、記入欄の小さな書類に書き入れる際は非常に苦慮している。
というか、枠いっぱいに文字を書く癖がついてしまったのだ。
昔は読みにくいほどに小さな文字しか書かなかったのに。
けれど、今は違う。
その気になれば全ての文字をパソコン上で入力することが可能なのだ。
勿論、記載出来る場所は限られているが。
とはいえ、書き込んだファイルは保存出来ないので、その都度印刷しなければならない点は不便といえば不便。
だったら、予め住所・会社名・電話番号・法人番号を記入したファイルを印刷しておけば来年以降も使いまわしが出来るし、万一家主が変更になった場合にでもすぐに対処が出来る。
大きすぎる文字が悩みの私だって、家主の住所や氏名、支払金額ぐらいは肉筆でも書き込むことが出来るし。
…と、ここまで作業をして気付いたことがある。
他の法定調書も同様のことが可能なのではないか、と。
滅多に使わないけど、ないと困るファイルは他にも幾つかある。
今のうちにダウンロードしておけば、いざという時に役に立つ筈だ。
それにしても国税庁も粋なことをしてくれる。
日頃は不満ばかりをぶつけているけど、今回に限ってはありがとうを伝えたい。