ペンライトを買いに行く

制作解放席が当たり、明日はドームに行くこととなった。
現時点で座席はわからない。
アリーナかもしれないし、スタンドかもしれない。
バルコニー席かもしれない。
何れにせよ、ペンライト(便宜上こう呼ぶ)は必要だろう。
ということで、再びドームに向かった私。
明らかにコンサートへ向かう人の波に紛れ、グッズ売り場まで歩く。
とにかく遠い。
入場者の列との区別が必要なので仕方がないのだが、それにしても遠い。
もしや並んでいるのでは?と一瞬焦ったが、流石にそれはなかった。
他のグッズを買い足すことも考えたが、早く帰りたかったのでペンライトのみ購入。
そのまま駅に向かった。
それにしても、と私は思う。
毎年のように発売されるペンライト、みんなどうしているのだ?と。
来年は来年で新たなライトが発売されるのだろう。
チケットを入手する度買い替える必要があるのだ。
(ファンではない旦那は来年も使えると信じているが、多分それはない)
かくいう私も過去に2度購入している。
実際に使ったのは一つのみで、もう一つは無駄になってしまったけど。
捨てることも出来ないし、飾る場所もない。
さて、どうするべきか。
悩んでも仕方がないので、取り敢えず明日は楽しもう。
他人は他人、私は私。
例えアイドルであっても自分流を貫くぞ。