肩凝りが酷い

両肩の凝りが酷い。

圧迫感があり、黙っていても辛い。

湿布をすると幾分マシになるものの、根本的な解決にはならず。

今現在も痛みに耐えている。

ところで、私にとって最もつらい作業は伝票の起票だ。

パソコンで打ち込みをする際、視線は常にディスプレイにある。

伝票を入力する際でも、基本はディスプレイを見ている。

一方、伝票起票となれば常にうつむいた状態になる。

通常の場合は数枚程度の起票なのだが、稀に十数枚以上の起票となると緊張感も手伝って凝りが酷くなる。

両肩の上に鉛を乗せられた状態となり、時折肩を動かさないと起票すら出来ない。

しかも痛みが持続する。

こういう時、クイックマッサージ店にてマッサージを受けたいと強く思う。

最後に行った日から数年は過ぎているが、久し振りにほぐしてもらった方が自身の為ではないか?とさえ思うくらい肩が凝っている。

そういえば、体調不良の時は肩凝りの酷さを感じる余裕はなかった。

慢性的な凝りが解消されていたとは思えないが、それが感じられないほど体調が優れなかったのだろう。

そう考えると、こうして肩凝りを実感出来ること自体元気な証拠とも言えるが。

それにしても肩凝りが酷い。

今の自分に出来ることは少しでも姿勢を良くすること。

スマホゲームを楽しむ際も、実は立った姿勢で行うのが一番楽だったりする。

ま、何もしないことが何より大切なのだが。


iPadから送信