iPhone7plusを選ばなかった理由

iPhoneを買い替えるに辺り、考えたことがある。

一つは容量。

それまで使っていたのは64GBで、容量に不足はない。

必要以上にアプリ等を入れないよう心掛けたせいでもある。

仮に64GBが販売されるのであれば、これを選ぶことに迷いはない。

しかし、万一廃止されるとなれば…。

その際は現状より上のものを選ぶ形となるだろう。

次に大きさ。

iPhone6も十分大きいが、新たなiPhoneはそれよりも大きくなる可能性はあった。

であれば、大きさは小さくなるものの、iPhoneSEを選んだ方が理にかなっている。

正直、iPhone6の大きさがギリギリだったのだ。

勿論、iPhone7plusを選ぶことも考えた。

老眼の身にとっては少しでも大きな画面は有難いに違いない、と。

けれど、持ち歩きを考えたらplusは少し大きすぎた。

自宅にはiPad miniもあるのだ。

ということで、大きさがほぼ同じならiPhone7を、これ以上大きくなるならiPhoneSEを選ぼうと考えた。

そして、iPhone7が発表され、私の中でも結論が出た。

128GBのiPhone7にしよう、と。

色はローズゴールドにしよう、と。

iPhoneSEが少しキッチュに見えたこともiPhone7を選んだ理由の一つだ。

価格的には魅力的でも、デザインは今一つ。

だったら、素直にiPhone7を選ぶべきだろう。

ということで、私はiPhone7を使っている。

後悔はない。

先日も電子書籍を楽しんだが、活字の大きさに問題はない。

というか、自由に拡大出来るからこそ電子書籍を選んでいるのだ。

メールを読むにも不自由はないし、ゲームを楽しむ上でも十分過ぎる大きさ。

来年の今頃はplusじゃないときついかもしれないが、当面はこの大きさを楽しみ、使い倒す予定だ。



iPhoneから送信