読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうせ口パクでしょ?

やっとの思いで手に入れたチケット。
夢のようなひととき。
私の気持ちがピークに達したその時、ある映像が目に入った。
その時彼らは歌っていた。
少なくとも口を動かしていた。
歌声が流れている。
口の動きが見える。
明らかにズレている。
 
 
一気にシラケたことは言うまでもない。
唯一の救いは単独行動を好むことか。
こんな思いは誰とも共有したくない。
心の底からそう思った。
 
 
あれから何年が過ぎただろうか。
未だに疑念は晴れていない。
違うよ、ちゃんと歌っていたんだよ…といつか心から思える日まで、私は言い続けるのだろう。
 
 
 
「どうせ口パクでしょ?」