アメンバーなど糞食らえ。

ソフトバンクからメールが来る。
速度制限のお知らせ。
どうやらWi-Fiをオフにしたままだったようだ。
仕方がない、週末は大人しくしよう。
若しくは、Wi-Fiが使える場所にGo!
たった2日の為に誰が追加料金を払うものか。
ということで、週末は画像整理に励むことにしよう。

ところで、私は以前Amebaブログを利用していた。
必要に迫られ、アカウントを作成した際、取り敢えず作ったのだ。
そう、あるブログのアメンバーになる為に。
その時はブログ主に魅力を感じていたし、その人が流す情報を鵜呑みに出来た。
だからこそ、その人が提示した条件にも疑念を感じなかったし、アメンバーとして認められたきとを誇りに思った。
それがいつからだろう、色んな意味で不信感を抱き始めたのは。
明らかなガセネタを流しておきながら、一言の謝罪が無かったこと。
度が過ぎる個人攻撃(相手はアイドル)と、それに反論する人への対応が見るに堪えなかったこと。
自分を否定するものに対しては過剰なまでに叩き潰そうとすること。
そんなことの積み重ねが、私の目を覚ましてくれた。
極め付けはアメンバー募集を行った際の言動。
情報はギブアンドテイクだから、アメンバーはコメントを残すのが義務だと言い放ったのだ。
当然、読み逃げ禁止。
無反応な輩はばっさり切り捨てるとも。
たかがブログ、そこまでして読む価値があるのか?と真剣に考えた結果、面倒なのでアカウントごと削除した覚えがある。
でも、大半の人はそうではなかった様子。
まるで教祖様のご機嫌を取る信者のように媚びを売る姿が異様だった。

以来、私はアメンバー制度そのものに嫌悪を抱くようになった。
限定記事は魅力的だが、あからさまに差別化を行うことに不快感を覚えてしまうし、かといって尻尾を振る気にはどうしてもなれない。
いつか私にもそのような場所が必要になったら、限られた仲間にのみURLを知らせるつもりだ。
ま、その日が来ないことは自分でもわかっているけど。
(シャレで作ることはあるな)