Amebaブログを削除する。

今日、Amebaブログを削除した。
厳密には全ての記事を削除した。
何一つ残したくない気分だったし、アカウントこそ残すものの、再び何かを書く気にはなれない。
恐らくはアメンバー限定記事が存在することが耐えられなかったのだろう。
自分は一切利用しなくとも、多くのブロガーがこのシステムで読者を差別化し、ある種の結束を深めている。
その気持ちは理解出来るし、以前は閲覧者限定ブログも管理していた。
無名なので、自分から招待しない限りは存在すらわからない。
そんな場所だったけど、無意識のうちに閲覧者を選んでいる自分が嫌になった。
仮に自分が招かれない立場だったら、しかもその場所の存在を知っていたとしたら、決して気持ちの良い話ではない。
だからこそ限定ブログを閉鎖した。
パスワードを変更したのだ。
幸いなことに、問題のブログは存在すら忘れ去られている。
直接管理ページには入らない限り、自分ですら見つけられないので。
で、Amebaブログの話に戻る。
実は私も幾つかのブログに読者登録しているが、時折限定記事を予告する人がいる。
黙って投稿してくれれば良いのに、わざわざ予告されると排除された気分になる。
アメンバー申請をすれば済むことだが、そういう人に限って承認には条件がある。
一定の要件を満たさなければ承認出来ない、という訳だ。
そういったブログを見る度、私は考える。
そこまでして読む価値のあるブログなのか、と。
天邪鬼かもしれないが、一体何様のつもり⁈とまで考えてしまうのだ。
そんな経験を幾度となく重ねた結果、自分の居場所は此処ではないと気付く。
故に、全ての記事を削除したのだ。
本来ならアカウント毎削除するのが筋だが、読者登録したブログがあるので当面は残す予定。
何れアカウント毎削除する日も来るのだろうけど。