読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疑似恋愛の勧め?

世の中には物好きがいるようで。
性別を「女性」としただけでメッセージを送る輩が複数いて、流石の私もうんざりする。
これでもプロフィール画像は性別不明なモノを選んでいるし、登録名とて女性とは思えない名前を選んでいる。
ついでに実年齢も公開しているから、そういう輩とは無縁と思っていたが。
一部の男性にとっては「女性であれば誰でもいい」のだろうね。
その癖顔写真を送った途端に音信不通となるのが関の山。
だったら、メッセージなど送ってくるなと嫌味の1つも言いたくなる。
とはいえ、そうした輩をうまくあしらえたならストレス解消にも繋がりそうな予感。
そんな訳で、私なりに考えた「疑似恋愛の楽しみ方」など。
まずプロフィール。
間違っても顔写真は掲載せず、例えば自宅にある置物の画像とかで誤魔化す。
個人情報に繋がりそうな内容は一切書かないのは言うまでもないが、自分の趣味に関する記述はあった方が無難かも。
もしかしたら気の合う仲間(同性)が見つかるかもしれないしね。
次に名前。
女性的なハンドルにしたい気持ちはわからなくもないけど、疑似恋愛を求める輩とは出来るだけ関わりたくないので、中性的なものをお勧め。
後は日記等で淡々と文章を載せれば、一種の踏み絵になる。
即ち、きちんと書いてある内容を把握し、その上で話しかけているか否かがわかるという訳。
尤も、こちらは単なる友達としか思っていなくても、勝手に相手が疑似恋愛の相手と勘違いするケースは多々ある。
そういう場合は当たり障りのない言葉で応対し、心の中で「こいつは馬鹿か」と罵ることにしよう。
もしかしたら、相手は勝手に「この人は××さん似の美しい女性に違いない」と思い込んでくれるかも知れない。
だったら、敢えてそういう女性を演じてみましょう。
文章だけならどうにかなるし、写真の類は一切載せないのだから。
注意点は言うまでもなく「個人情報の手掛かりを与えない」こと。
人生、何があるかわからないからね。
出来れば住んでいる都道府県すら明らかにしたくないところだ。
ところで、かくいう私にも勝手に妄想する輩がおりまして。
何でも背筋を伸ばして、颯爽と歩いているアラフィフらしい。
おいおい、それは違うよ…と抗議するのは簡単だが、だったら颯爽と歩いてみましょうと思い直すのもまた乙なもの。
別にそいつに見せる訳ではなく、ただ自分の気分を上げる為に利用した訳だ。
そういう意味での疑似恋愛は悪くないし、相手をあしらうテクニックは人間関係でも活かせるに違いない。
勿論、そういう輩に関わらないのが一番なんだけどね。