読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上から目線で語ってみる。

偶には私が好きなアイドルの話でも。

先日ある雑誌をチェックしていたら、彼のことを「おじいちゃん」と呼ぶ記述を発見。

確かに年齢の割には…と感じる言動が多々あるし、本人もそれを否定していない様子。

故に然程気にすることもなかったのだが、どうやらそうではない人もいるらしい。

偶々読んでいるBlog記事でも異を唱える文章があり、内心「これだからヲタは嫌なんだ」と呟いてしまった私がいる。

未だファン仲間が一人もいない私であるが、その原因は案外こういう資質にあるのだろう。

基本群れるの苦手だし、それ以前にヲタが苦手だし。

ところで、今回の一件で気付いたことがある。

人間誰しも興味のあるものしか受け入れられないし、それ以外の物事にはつい否定的な態度をとりがちだ。

その癖自分が贔屓するものが否定されると感情は揺さぶられ、人によっては激昂する。

件のBlog主の場合も、応援している相手が不当な評価(この場合はおじいちゃん呼ばわり)をされていることが耐えられず、いい加減終わりにしませんか?と怒りを露わにしている。

他方、Blog主が嫌い(若しくは関心のない)相手だと手厳しい表現をする嫌いがある。

中には失礼とも思われる表現もあった筈だし、名前そのものを間違えて表記していたこともある。

要するに、Blog主自身が似たようなことを行っていたのだ。

同様のことは私自身も行ってきた筈だ。

誰かを批判するのは誰にでも出来ること。

そこから何かを感じ取り、自身の言動を省みる切っ掛けに出来るか否かが大切なのだろう。

ということで、私も深く反省。

VIA @writing_force

iPhoneから送信