読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私の道を行く

昨日のことだ。
暫く閲覧すらしていないBlogから更新メールが届いた。
一応読者登録(お察しください)は済ませているものの、その内容についていけず、設定変更をした筈だが。
で、問題はその内容。
アンチ対策の一環で改めて読者登録をしてくれとのことだが、その際の条件が極めて厳しく、内心そこまでしてしがみつく価値があるのか?と疑問に感じてしまった。
その条件というのは全部で四つ。
一つ目は以前から読者登録をしていた人であること。
二つ目はプロフィール欄にきちんと記載があること。
三つ目は三ヶ月以内にコメントを残していること。(具体的な記述が必要)
四つ目がオンリー××ファンが理解出来る人であること。
この四つが確認出来ないと承認出来ないと言うのだが、それに対するコメント欄の凄まじいこと、凄まじいこと。
常人には理解出来ないレベルの信者の叫びがこれでもかと言う位に並んでいる。
その一部を読んだだけでも目眩がした私は、彼女が嫌うアンチの一人なんだろう。

既にお気付きかと思うが、私は某アイドルのファンである。
ファンクラブにも加入しているし、幸いなことに昨年はライブに参加することも出来た。
ただ、多くのヲタとは違い、メンバー間のやりとりに萌えることもなければ、チラリと見える胸元に色気を感じることもない。
アルバムを聴き込むこともまずないし、そういう意味ではライトファンだ。
それでもファンであることには変わりはないし、ああだこうだと誰かに指摘される筋合いもない。
一部ファンが勝手に妄想(それもボーイズラブの方)するのは自由であるが、内心そうした妄想を楽しむファンを毛嫌いしている。
そんな私にとって、そのBlogの管理人は幾つか堪え難い言動をしている。
一つ目はガセネタを流しておきながら、何もなかったかのようにいつの間にか消していたこと。
二つ目は週刊誌ネタを鵜呑みにし、結果的にはあるメンバーを誹謗中傷したこと。
そして三つ目は、私も好きだったあるドラマに恋愛要素がないからといって、勝手に二次創作をはじめたことだ。
特に三つ目が私には許し難く、これ以上は関わるべきではないと判断した。
それ以前に、囲い込みに近い行為を私が何より嫌っているのだが。
読者登録といえば聞こえはいいが、要するに自分の信者を集め、自分の考えを無条件に受け入れさせる為のシステム。
その手口はカルト集団の信者集めに近いものがある。
いや、私の思い過ごしであれば良いのだが。
何れにせよ、私の読者登録が解除されるのは時間の問題だ。
アンチ扱いを恐れて相互登録の解除を躊躇っていたが、その必要も無くなったので昨日の時点でこちらから切らせてもらった。
もう二度と、見ることもないだろう。