白紙のままで

若い頃は、積極的にライブを楽しんだものだ。

当時はさほど好きなアーティストもなく、ただ好奇心のおもむくままに足を運んでいた。

結果的には、T-SQUAREカシオペアが好きになり、そこからフュージョンに魅せられていった記憶がある。

そんな私だから、アルバムの類は一切聴かない。

予習復習など糞食らえ、と思っているので。

アルバム発売前のことも多く、ライブでお披露目された楽曲に胸を震わせたことも少なくない。

勿論、普段から聴いている音楽はある訳で。

わざわざライブ前に聴き込むことがないだけだ。

けれど、私のような人間は少数派らしい。

アイドルのライブじゃなくても、ある程度は聴き込んでいくことが常識とされ、知らない曲が多いとつまらないと感じるようだ。

いや、仮にそうであっても、聴き手を引き込むのがプロというものでしょう。

シングル曲しか知らなかったユーミンのライブは贅沢なひと時だったし、米米クラブを聴きに行った時など全くの白紙だったけど、それでも楽しいライブだった。

他には、谷山浩子やふきのとう、浜田省吾等のライブに行っているが、知らない曲ばかりでも退屈はしなかった。

ライブならではの雰囲気を楽しんでいたからだろう。

ここだけの話、去年初めて足を運んだ嵐のライブでさえ、アルバムを聴き込むことはなかった。

腰痛の為、ファンキーダンスも練習できなかったし。

ファン失格かもしれないが、だからこそライブを楽しめたという自負がある。

またいつか、機会があれば足を運びたいけど、その時もまた、私は白紙で行くのだろう。

案外、楽しいものだぜ。

iPadから送信