読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しいiPhoneケース

一目惚れだった。
以前から愛用しているiPhoneケースがあり、その最新版が入荷されたとのことで、梅田にあるショップに足を運んだ。
当然、ピンクを選ぶつもりだった。
これまでもそうだったし、他の色など考えられなかった。
ところが、だ。
目の前にある紺色のケースが私に訴えかけてくる。
あなたに必要なものは私じゃないですか?、と。
改めてみると、決して悪い配色ではない。
ベースの紺色、アクセントカラーの赤に白。
その全てが魅力的だった。
とはいえ、過去二代に渡り愛用してきた色にも未練はある。
悩んだ。
とにかく悩んだ。
最終的には紺色を選んだ。
正解だった。
何故今まで選ばなかったのか?と思うくらいしっくりくる。
いや、今だからこそこの色だったのだ。

それにしても、如何にも協調タイプらしい配色を捨て、堅実×決断カラーを選んだのは無意味じゃなかったようだ。
実はとてもショックな出来事があったが、自分でも不思議なくらいに淡々と受け止めていたのだ。
そればかりか、冷静に分析している自分がいる。
この変化が何を意味するかは別にして、色の好みは全てを暗示している。