今日のぼやき

今期より、担当税理士が変更となった。
現在お世話になっている、派遣先での話だ。
以前の税理士とは違い、原則「自分たちで作成したい」とおっしゃっていたので、今後は決算期の処理が楽になると考えていた。
楽になるといっても、必要な資料はまとめなければならない。
内訳書も作成しなければならない。
それでも税額計算を丸投げ出来る点は大きく、内心ほっとしていたのだ。
ところが。
昨日辺りから話が変わってきた。
当初作成する予定のなかった別表の一部を作成するよう、指示を受けたのである。
内心「話が違いますけど?」と思ったものの、前期までは一通りの書類を作成していた私。
慌てて資料(税額計算に必要な事柄をまとめたもの)を取り出し、会計ソフトの助けを借りつつ下書きを作成する。
手書きによる作成とは違い、正直数字の流れが見えない。
「ここに数字を入れるにはどうすればいいんだ?」とぼやきつつ作業をしていたので、さぞかし異様な光景だったに違いない。
結局、ほぼ一通りの書類を作成する羽目に。
それにしても、社長はこの書類をどうするつもりなのだろうか。
提出書類は税理士事務所側で作成すると聞いているし、これまでは社長が直筆で作成していた書類も先方が印字してくるに相違ない。
今更素人が作成した別表を用意しても、何一つ役に立たないと思うのだが。