読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱狂は苦手

軽い気持ちで、あるコミュニティに参加してみた。
参加したといっても、専らROMするだけだが。
さて、この手のコミュニティには幾つかのスレッドがある。
興味深いものが複数ある中で、私が思わずチェックしたのが「40代で××ファンの方」というスレッド。
既にお気付きのように、このコミュニティは××に関するもので、スレッドの多くは××に関する情報交換の場となっている。
因みに私は50代。
ここでも対象外だね…と呟きつつも書き込みを読んでいたが、どうやら「情報交換の場」というより「一緒に雑談を楽しむ仲間を探す場」と化していたようで、それはそれは見事なまでに細かな条件が羅列してある。
曰く、自分が応援している人の悪口を言わない人。
曰く、否定的な話を一切しない人。
曰く、一方的にメッセージを送らない人。
曰く、届いたメッセージを無視しないこと。
これらはほんの一例だが、正直面倒と感じる私がいる。
そこまでして仲間が欲しいか?と問い詰めたくなる辺り、典型的な一匹狼なのだろう。
実はファンブログと呼ばれるものを閲覧していても感じるのだが、熱狂的なファン特有の「空気感」が私は苦手で、その行動力に感心することはあっても真似したいと思うことがない。
寧ろ醒め切った視点で「そこまでするんだ…」と。
こんなことを書くと「あなたは本当のファンではない」と切り捨てられるだろうが、少し距離を置くぐらいの立ち位置が私には心地よい。