12時を少し過ぎる頃…

12月4日午前0時。
恐る恐るiTunesStoreにアクセスした私を待っていたのは、T-SQUAREの文字。
流石に全アルバムとはいかないまでも、オリジナルアルバムの全てと一部ライブアルバム、そして企画ものの一部が購入開始となっていた。
当然、この日発売予定のニューアルバムも。
思えば、10月のライブの時からわくわくは始まっていた。
開演を待つ間、入口で手渡されたチラシに目を通す。
その中の一枚に、私の目は釘付けに。
そこにはiTunesStoreでの取り扱い開始の旨がはっきりと記されており、あの日以来「12月4日」は特別な日となった。
勿論、通常のCD(初回盤)は予約してある。
これまでに発売されたCDもほぼ所有している。
それでもなお、iTunesStoreにて購入しようと考えるには理由があった。
iCloudを利用することで、16GBのiPhoneでも音楽を楽しみたいと思ったのだ。
事実、私のiPhoneは常にギリギリだ。
可能な限りアプリを厳選し、こまめにカメラロールを整理することでどうにか空き容量を確保しているが、それでも1GBが限度。
定期的に確認はしているものの、1GBを切った日には真剣に度のアプリをアンインストールするかを検討する。
当然、音楽ファイルを同期させたくとも出来ない状態が続いていた。
それが、どうだ。
iOS7にバージョンアップしてからというもの、本来同期されていない音楽ファイルが次々と表示され、わざわざダウンロードしなくとも音楽だけを楽しむことが可能になったのだ。
つまり、我が16GBのiPhoneだけで外出することも夢ではなくなったのだ。(但し、通信量が馬鹿にならないが)
ということで、12月4日午前0時、待ちに待ったその時がやってきた。
さて、記念すべき一枚はどれにしようか。
当初は「うち水にRainbow」か「脚線美の誘惑」辺りを考えていたが、結局購入したのは新作アルバム。
一足早く楽しみたい欲求には抗えず、ついダウンロードを決めてしまった。
これが正解だったね。
購入は基本的にパソコンで、でも実際に聴くのはiPhone(もしくはiPod touch)。
防水ケースに入れた状態で、結局最後まで聴き入ってしまった。
その後複数のアルバムを購入したが、意外にも選んだのは初期のアルバムばかり。
やっぱ好きなんだろうね。