読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋金入りの天邪鬼

真っ白な状態で、ライブに参加するのが大好きだ。
基本最新アルバムは購入するものの、それをしっかり聴き込む訳ではない。
時にはツアー中にアルバムが発売されることもあるから、「今度のアルバムにはこんな曲が収録されているんだ」と期待に胸を膨らませることも。
私はインストゥメンタルが大好きだから、それで良かったのかもしれない。
ちゃんと歌詞のある歌を聴きに行く場合は、それなりに「予習・復習」をすべきなのだろう。
でも、やらない。
そういうのは好きじゃないし、そんなことをしなくても楽しめるのが本物と信じている。
そういえば、一度だけ足を運んだユーミンのライブがそうだった。
シングル曲すら把握していない為体だったにもかかわらず、彼女が演出した世界観はとても素晴らしく、一見さんをも取り込むパワーは流石だと痛感した。
セットもかなり豪華だったし、知らない曲ばかりであっても何ら苦にならなかった。
他にも「予習・復習」なしで参加したライブは多々あるけど、どれ一つとして後悔したことはない。
基本、「私は私」と割り切っていることがプラスに働いたのだろう。
さて、本日私は真っ新な状態でライブに臨む。
アルバムは手元にあるけど、気が向かなければ聴かない。
特にボーカルものは疲れるから、元気のある時じゃないと聴かない。
そんな私でも、ライブは別物。
独特の空気感に浸りたいし、彼らのライブが本物か否かを感じとりたい。
「予習・復習なし」でも楽しめるか、否か。
自分たちの世界に引き込めるか、否か。
私が欲しいのはその部分だ。
そんな天邪鬼が、今日京セラドームに足を運ぶ。
吉と出るか、凶と出るか。
当然前者であると私は信じている。