ツアーグッズに纏わる戯言。(何故かタイプ分析付)

基本、優柔不断だ。
白黒はっきりさせることを好まず、異なる視点から物事を捉えることを美徳と考える。
当然、決断を下すまでには時間がかかる。
酷い時には、悩んだ挙句「その時の気分」で答えを導き出したことも。
そんな私であるが、カラータイプ診断シートにはちゃんと決断要素も現れている。
極端に欠けているのは堅実要素ぐらいのもので、他の要素は低いなりにも存在感がある。
以前何処かで書いた記憶があるが、とあるアーティストが来日した際、チケットの発売情報を入手する為だけに連日のようにプロモーターに電話を入れた過去がある。
あの時の私を突き動かしたのは、恐らく潜在的に抱える決断要素。
そこには迷いは一切なく、目的を達成する為だけに行動していた。
若かったなぁ…と懐かしく思う反面、自身の中にもああいった一面があることは非常に興味深い。
さて、話は現在に戻る。
今月下旬に某アイドルのコンサートを控え、ミーハーな私はグッズの購入についてあれこれ考えている。
全種類を購入出来る程の資金がある訳でもなく、ついでに言えば「非実用的なもの」は出来るだけ排除したい。
そこで私が行ったのは、事務所サイドが発表したグッズリストの中から「是非とも購入したい」ものと「購入する予定のない」もの、「デザイン次第では購入を考えても良い」ものとに分類することだった。
まずポスターの類は「貼る場所がない」ので却下。
ジャンボうちわは「邪魔になる」から却下。
キッズラインは「もう大人なので」却下。
大判ハンカチは「多分、使わない」から却下。
このように「無理して購入しなくても良い」ものを吟味し、購入リストから早々に外しておいた。
一方で、「眺めるだけで満足する」からクリアファイルと生写真は購入決定。
パンフレットも「意外に楽しめる」ので購入を決めた。
この時点で結構な予算額になっていたが、難儀なことに欲しいものは他にもある訳で。
さて、どうやって切り捨てていこうか…とぼやきつつ、web上で公開されたグッズの画像を見る。
既に販売が開始された会場があるので、そこで購入した人々が参考となる画像をアップしてくれているのだ。
ネタバレを嫌う人には迷惑な話だが、私のように悩める者には福音となる。
どれどれ、このデザインは思った以上に使い勝手が良いぞ?
ふむふむ、これはちょっと購入を躊躇っちゃうな。
…などと呟きながら、改めて購入リストを作成する。
正直かなりの予算オーバーだが、こればかりは仕方がない。
年に一度の「お祭り騒ぎ」と割り切り、とことん楽しむべきだ。
こういう時の自分はきっと「創造×協調」タイプの要素が色濃く出ている。
診断シートを見る限りでは決断要素と創造要素の割合はほぼ同じなのだが、日常的に出ているのは圧倒的に創造要素。
では、決断要素が顔を出すのはどういう時かといえば…残念ながら、自分でもわからない。
誰かとつるむのを不得手とする部分は明らかに「あの色」の影響であり、それ故協調らしからぬ協調タイプとなっていることは認める。
ただ、それ以外の要素が日常的に影響を与えているとは到底思えず、むしろ「創造要素を併せ持つ、協調タイプ」と考えるのが妥当だろうな。