死刑制度を考えてみる。(もしくは、殆ど意味のない思考の記録)

ある死刑囚が処刑される。
そんなニュースを耳にする度、複雑な気持ちになる。
基本的には死刑制度には反対で、その理由は「死刑制度=国家権力による殺人」であるから。
残念ながら私たちには他人を裁く資格はないし、まして(犯罪者であったとしても)他人の命を奪うことなど許される筈もない。
とはいえ、中には「極刑でしか罪を償えないのでは?」と言いたくなる犯罪があり、つい「あんな奴、殺してしまえ」と心の中で口走ることがある。
それがどれほど傲慢で、愚かな考えであるかはわかっていても。
(だから、死刑制度には否定的)
一方で、極刑を待ち望む人が存在するのも事実。
彼らには彼らの主張があり、その主張を全否定出来るほどの傲慢さもまた持ち合わせてはいない。
ああいった立場に陥ったなら、恐らく大抵の人が同様の考えを持つに違いない。
私のように死刑制度そのものに反対の立場をとっていても、だ。
それがわかっているから、あまり大きな声で「死刑制度は廃止すべきだ」と言えない自分がいる。
その癖、死刑執行のニュースを聞く度遣り切れない気持ちになるのだ。
では、終身刑ならどうだろうか。
本来なら死刑に処すべき受刑者である。
恩赦によって刑が軽減されることなく、死ぬまで刑務所内で生き続けること。
残酷といえば残酷だが、それでも一部の人にすれば許し難いことなのだろう。
税金の無駄使い、といった考え方も出来る。
であれば、潔く(?)死刑を執行すべきといった意見も出てくるだろう。
考えば考えるほど答えは遠ざかる。
わかっているけど、考えずにはいられない。
我ながら、悪しき癖である。