読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気に入りのタッチペン

タッチペンなんて、どれも同じだと思っていた。
それでなくとも失くしてしまうので、比較的手頃なものばかりを好んで購入していたが、正直今一つ使い勝手の悪さを感じていた。
具体的にいうなら、ペンの滑りが悪い。
特にゲームをする際にはこの滑りの悪さが致命傷で、結局人差し指でプレイすることになる。
で、そのペンの存在は随分前から聞いていた。
時折アクセスするwebサイトでも、そのなめらかな書き心地は絶賛されていたし、何より替え芯が別途販売されている点が興味深かった。
ただ、買う機会がなかったのよね。
決してお安いものでもないし、失くしてしまったら悲しいし。
けれど、とあるショップで実物を見た時、遂に購入してしまった。
本体カラーがブルーだったことが決め手となり、自宅専用にすれば大丈夫だろう…と自身に言い聞かせていたことを思い出した。
そのペンの名はSu-Pen。
iPhoneiPadで文字を書く為に開発されたペンとのことで、なるほど書き心地がまるで違う。
うまく言えないけど、本当になめらかなのだ。
当然ゲームを楽しむ上でのストレスも少ない。
特にiPadとの相性が良くて、今では手放せないツールの一つとなってしまった。
ところが、散々遊び過ぎたせいか、この頃滑りが悪い。
いよいよ替え時かも…と思ったものの、肝心の替え芯がない。
買いに行けば済むことだが、生憎その店はちょっとだけ不便なところにあり、それこそ「今日は××に行くぞ」と自らに言い聞かせないとなかなか足が向かない場所にある。
ネットショップでの購入も検討したが、それなら実店舗を探した方が良い。
ということで、取り敢えず東急ハンズに行ってみることにした。
ここならスマホ関連グッズも多数扱っているし、わざわざ不便な店に足を運ばなくてもどうにかなるだろう。
案の定、愛用のSu-Penの横に目的の替え芯があった。
他にも幾つかのタッチペンがあったが、迷うことなく替え芯のみを購入。
まだ交換はしていないが、予備があるという安心感は大きい。
因みに、任天堂3DSにも対応していたようで、わざわざペンを取り出さなくとも操作が出来る点は非常にありがたい。
願わくば、このペンが末永く販売されることを祈るのみだ。