近視伝説

近視の人は老眼にならない。
そんな話を聞いたことがある。
裏を返せば、若い頃より視力の良い人は老眼になるのも早いと。
そうか、老眼が早いのか…と内心覚悟を決めていたが、予想通り40代後半頃から目の力は衰えたようだ。
初めての眼鏡は老眼鏡…といつしか心に決めていた私だったが、実際には近視用眼鏡と近距離用眼鏡の両方を作ることになる。
近距離用は言うまでもなく老眼鏡で、主に小さな文字を読む際に利用している。
幸い、仕事中に小さな文字を見ることがないから、滅多なことでは眼鏡をかけることはない。
とはいえ、調子の悪い時は伝票一つ起票出来ないから、近距離用眼鏡は常時持ち歩いている。
一方の近視用だが、既に老眼が進んでいることもあり、室内にいる時は殆ど利用しない。
というか、却って目が疲れるし、視野もぼやけるからだ。
あくまで遠くを見る為だけに作られた眼鏡ということで、最近は意識して外出時にかけるようにしている。
なるほど、駅の案内等は良く読めるし、大好きな雑誌の広告(!)もスムーズに読むことが出来る。
ただ、裸眼で歩いても不自由はないんだよね。
これでも視力は0.6もあるので、普通に歩く分には何ら支障はない。
むしろ室内で過ごす際には近視用眼鏡は邪魔なくらい。
どうやら「近視=老眼にならない」伝説はあながち嘘ではなさそうだ。