読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple Storeに予約を入れる。

以前より調子の悪かったiPod touch

発売から2年も経っていないことから、取り敢えずはバッテリーの交換について相談することにした。

何しろちょっと使っただけでバッテリーが消耗するのだから。

ま、売却という手もあるけど。

で、Apple サポートを立ち上げて予約を入れる。

ありがたいことに、休みの日(平日)が空いていた。

当日はスタッフに声をかければどうにかなる。

有償修理は覚悟の上。

無事に直ると信じている。

iPhoneから送信

加齢による恩恵

年齢を重ねることは悲しいことだろうか。
否、そうでもないぞ…と私は思う。
体力の衰えは辛い。
気力の衰えも辛い。
けれど、瞼に刻まれた皺のお陰で化粧をするのは楽しい。
高度なテクニックを駆使しなくとも、一重瞼が二重瞼に変身出来るのだから。
用意するのは濃い色のアイシャドーのみ。
出来ればダークカラー(ブラウン、グレー、ブラック等)。
これを少し太めに入れるだけで、目の印象がガラッと変わる。
便利な瞼である。
最初にそのことに気付いたのは40代を過ぎた頃か。
古くからの友人に「二重瞼になったとちゃう?」と指摘されたのである。
残念ながら未だに一重瞼のままであるが、その代わりにくっきりとした皺が瞼に刻まれていた。
そう、皺である。
この皺の内側にダークカラーを入れるだけで、一重瞼が二重瞼に変身するのだ。
今更プチ整形を受けなくとも簡単に化けることが出来る。
思えば、若い頃より化粧映えする顔だと言われてきた。
凹凸の少ない、見事な平面顔だが、そのお陰で少しメークするだけでも印象が変わると言われてきた。
当時は「そんなに変わるものか」と思っていたが、なるほど、ほんの少しの手間で確かに印象が変わる。
こんなことになるなら、若いうちからメークの研究をしておくべきだった…と後悔したこともあるが、テクニックに頼らず、普通にメークしてきたからこそ得られたご褒美だと今は捉えている。
とはいえ、二重瞼になってみたかったな。
尤も、疲れがたまると三重(若しくはそれ以上)になるのはちょっと嫌だけど。

取り敢えず、一週間

データパックがSとなった為、必要以上にモバイルデータ通信をしない生活に切り替えてから、早一週間。
今日はついゲームをしたので、少し使用量が増えていた。
やはりSNS禁止プラスゲームはログインのみ(ハートを受け取るので)が原則のようだ。
勿論、メルチェも我慢。
その分、電子書籍が読めるし、他にも出来ることはある。
オフライン、万歳。
取り敢えずはひと月、努力してみます。

格安SIMを勧めてみた

通信費が高すぎる、と旦那が嘆いている。
様々な裏技を駆使して格安料金を確保してきた旦那にとって、現状の支払額は納得がいかないらしい。
そこで私は格安SIMを提案してみた。
尤も「通信費が安くなる」だけでは興味を示さない人なので、今回はポイントを三つに絞った。
 
(その1)実店舗、あります。
手続きぐらいwebで出来る、とおっしゃる人もいるだろう。
不明な点も電話で問い合わせれば済むのに、と思う人もいるだろう。
けれど、旦那は違う。
納得のいくまで説明を受け、その上で初めて契約すべきか否かを検討する人なのだ。
このように慎重派の人にとっては実店舗がないのは非常に不安。
いざという時の駆け込み寺にもなるし、それ故実店舗があることが大切になる。
 
(その2)iPhone、使えます。
手持ちのiPhoneをそのまま活用出来て、それでいて通信費が安くなればそれに越したことはない。
新たな機種を購入する必要がない点もアピールポイントの一つかな。
 
(その3)かけ放題プラン、要りません。
実は旦那、ガラケーを所持している。
詳細は省かせてもらうが、その気になればいつでも利用可能だ。
だったら通話はそちらに任せて、iPhoneはデータ通信専用にすればいい。
しかもパケット使用量はさほど多くないから、出来るだけコンパクトなプランを選択すれば良い。
結果、相当節約出来ると思うのだけど…。
 
 
これだけ説明しても、旦那の気持ちは動いていない。
理由は「格安SIMを契約したけど、使い物にならず、僅か1週間で解約した友人がいる」から。
要するに、信用していないのですな。
だったら現在のプランをキープしなされ…と言ってみたけど、それも嫌なようで。
ここから先は自分で調べなされ。
 

iPod touchその後

相変わらず不調が続く、iPod touchです。
フル充電をしたにもかかわらず、ちょっとゲームをするとバッテリー切れを訴える、iPod touchです。
最近はモバイルバッテリーに接続したまま、ツムツムを楽しんでいます。
何しろたった1時間のプレイにすら耐えられないのですから。
念の為に書き添えると、実際はそこまで消費していないのです。
まだまだ余裕がある筈なのです。
それなのに、画面上は常にエンプティ。
いい加減にしろ、と怒鳴りたくもなります。
そんな折、新しいiPhoneの発売が。
SIMフリー機でいいから欲しい。
切実に思いました。
価格をチェックしながら、赤なら何でも良い!とまで思ってしまいました。
いえ、これ以上iPod touchを増やす気はないですけど。
冗談抜きで、赤のiPhone7plusは欲しい。
でも、今じゃない。
せめて1年は今のiPhoneを使い倒したい。
そんなことを考えていたら、旦那から有り難い申し出が。
古いiPhone(多分、iPhone5)を使っても良いよと言ってくれたのです。
但し、夜はradikoを立ち上げるので、それだけ残しておけと。
早速、自分のLINEとゲームアプリをインストールしました。
後はバッテリーの持ち次第ですが、取り敢えずは衝動買いを防ぐことは出来ました。
それ以前に衝動買いする金額じゃないけどね。
さてと。
明日はApple Storeで納期を確認するかな。
(予想は3ヶ月!)

ワクワクは大事

ライブチケットの先行予約の案内メールが届く。
そういえば一度、チケットを購入したことがあった。
その時の履歴が残っていたのだろう。
ただそれだけのことだが、私の心は朝からウキウキ。
抽選に漏れる可能性もあるのに、気持ちは既にライブ会場に。
最悪、一般販売でも確保出来るのでは?と内心思っている。
ま、その時にならないとわからないけど。
それにしてもファンクラブに入らなくとも申込可能なライブは有難い。
決して安くはないチケットだけど、確実に別世界へと誘ってくれる。
年齢的にも最後のライブになるだろうし、だったら思い切り弾けたい。
あ、何故最後かと言えばオールスタンディングだから。
椅子がないと辛い年頃なのよ。
何はともあれ、無事に申込も済ませたことだし、結果が出るまでワクワクそわそわ。
心なしか気力が漲ってきたよ。
やはりワクワクするものがないと駄目ね。
自分の為にも意識しなくちゃ。

iPod touchをどうするべきか

iPod touchの調子が悪い。

バッテリーの消耗が激しいのだ。

フル充電した筈なのに、あっという間に警告画面。

実際にはそこまで消耗していないのだが、万一ということもあるので慌てて充電してしまう。

そんな日々に疲れた私は最近殆ど活用していない。

元々はオフライン再生用に購入していたのに。

あとはゲーム。

ツムツムを楽しんでいたが、こんな状態なのであずましくない。

幸いiPad miniがあるので、そちらで遊んでいる。

これさえ諦めるなら、とっとと売却出来るのだが。

さて、どうしようか。

バッテリー交換か、はたまた買い直しか。

ほぼ結論は出ているものの、一応悩んでみる。

iPodから送信